三重の滝紀行ブログ

※滝見日記・日々の雑感など
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
アングルファインダーC 使用感
0
    Canon アングルファインダーC【税込】 アングルフアインダ-C [アングルフアインダC]
    2005年5月2日の記事でレポートしたアングルファインダーCですが、使用感を報告しますね。
    まず花の写真ですが、これはかなり有効です。
    低い位置に生えている、小さな花を撮るにも姿勢が楽ですし、ファインダーでのぞいた画像が拡大されているので、ピント合わせもばっちりです。(^^ )
    滝写真なんかにも、落ち口を見上げて撮ったりなんかするときには、かなり有効ですね。
    ただ、ちょっと取り付けが面倒なのが難点です。(^_^;)
    正直よっぽど姿勢が苦しいときでないと、使いませんね。
    ファインダーの見づらいEOS Kiss Digital Nをお使いの人なんかは、持ってて損は無いと思いますが、どうしても必要なアイテムって訳では無いようです。

    私は急いでいたので、近くのカメラのヒロカワで22,800円で買いましたが、楽天で最安値を調べたところ、19,000円でした。
    Canon アングルファインダーC【税込】 アングルフアインダ-C [アングルフアインダC]
    | デジカメ | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    ベルボン ULTRA LUXi F
    0



      今まで三脚はスリックスプリント GMを使っていました。
      これはCanon Power Shot G2時代に買ったものですが、縮めると長さ455mmになり、リュックサックにすっぽり入ってしまう小ささです。
      道なき道を行く滝人としては、両手が自由に使えるっていうのは有難いですね。
      そのくせ、伸ばせば1600mmという十分な高さがあり、860gという軽量級ながら、比較的しっかり感もあるという、まさに私のニーズにぴったり合った三脚でした。
      それがカメラをデジタル一眼レフCanon EOS Kiss Digital Nに買い換えたところ、「剛性感が不足しているな〜(^_^;)」と感じるシーンが、多々出てきたんですね。
      やっぱりカメラの重さが約500gから約1kgへと増加しているのに、今までの三脚を使い続けるのは無理があったようです。
      そこで、三脚を買い換えることにしました。



      ベルボンのULTRA LUXi Fです。
      こちらのレビュー記事で評判が良かったので、店頭に見に行ったのですが、実際KISS-DNを取り付けても、非常にしっかり感がありました。
      スプリントGMと比べると、縮長は390mmとさらにコンパクト、全高は1610mmとほぼ同じとなっており、大きさ・小ささに関しても不満はゼロです。
      レビュー記事では「欠点は、カメラを上方向に向けるのに制約があること。」などと書いてありますが、カメラを前後逆に取り付けるだけで問題なくできました。
      ちょっと伸縮の操作が独特ですが、慣れればレバー式のスプリントGMより簡単に操作できます。
      あと水準器が三つ付いていて、縦位置でも水平が簡単に出せるとか、19cmのウルトラローポジションとか、スプリントGMに無い長所もあり、滝好き・山好きでKISS-DNなどのデジタル一眼レフを使っている人には、これしか無いんじゃいかと思えるほど良い三脚ですね。
      ちなみに値段は、カメラのキタムラ楽天ショップで、11,080円でした。
      あちこちで値段を調べたんですが、ここが一番安かったですね。
      ベルボン ULTRA LUXiF
      | デジカメ | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      EOS KISS DIGITAL NとROWAの格安バッテリー
      0
        今までカメラ本体に付属していた純正バッテリーを使っていたのですが、ふと思い立ってROWAのバッテリーを使ってみました。
        いつも通り90分ほどで充電完了、Kiss Digital Nに入れて見ます。
        ソニーなど一部のデジカメの場合、ROWAのバッテリーがカメラに入らないというトラブルがあると聞いていましたが、特に問題なく入りました。
        昨日の滝見では50枚ほどの写真を撮ったのですが、これも問題無しです。
        一部では深刻なトラブル(と言っても二件ですが)も発生しているという、ROWAの格安バッテリーですが、Kiss Digital Nで使用する分にはほとんど問題ないようです。
        | デジカメ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        アングルファインダーC
        0
          今まで使っていたG2はバリアングル液晶搭載で、ローアングルも自由自在でしたが、KISS DIGITAL Nにしてからは、ローアングル撮影に不便を感じていました。
          それで、アングルファインダーCを導入することにしました。
          アングルファインダーは、カメラのファインダーのところに取り付けて、マクロ撮影などのローアングル撮影をし易くするアイテムです。
          これを取り付けると、真上からファインダーを覗くことができる上、像を拡大できますので、ピントあわせもやり易くなります。
          キヤノンのKissシリーズはファインダーが見づらく、ピントあわせがやり難いと声も時々聞きますが、そう言った不満も、このアングルファインダーを使えば解消されるでしょう。

          アングルファインダーC
          アングルファインダーと付属ケース。

          アングルファインダーC
          倍率1.25倍と2.5倍の切り替えレバーです。

          アングルファインダーC
          カメラのファインダーの周りのアイカップを‥‥‥

          アングルファインダーC
          このように上に引き抜いて外します。

          アングルファインダーC
          そこにアングルファインダーCをはめ込んで、取り付け終了です。

          アングルファインダーC
          角度は45°刻みで、360°回転します。
          (使用感についてのレポートは2005年12月4日の記事)
          | デジカメ | 17:42 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
          草花
          0
            今日は滝見に行く予定でしたが、雲行きが怪しくなったので、道端の草花などを撮ってお茶を濁しました。

            綿毛
            露出時間 : 1/1000秒
            レンズF値 : F2.8
            ISO感度 : 100
            レンズの焦点距離 :75.00(mm)

            綿毛
            露出時間 : 1/200秒
            レンズF値 : F5.6
            ISO感度 : 100
            レンズの焦点距離 : 75.00(mm)

            レンズはTAMRON SP AF28-75mm F/2.8 MACROです。
            | デジカメ | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            SanDisk ULTRA 2
            0
              本日上海問屋より、代替品のSanDisk UltraII 1GB(SDCFH-1024-903)が届きました。
              日本版パッケージSanDisk UltraII超速コンパクトフラッシュ60倍速=10MB/s1GB(SDCFH-1024-903)
              先日後継機種のExtremeIIIが発売されるまでは、世界最速のコンパクトフラッシュと言われたULTRA 2ですが、最近EXTREME 3の供給が安定しているせいか、値段がかなり下がってきたようです。
              肝心の性能ですが、ベンチマークによれば、Canon EOS Kiss Digital Nで使用した場合、EXTREME 3とほとんど遜色ないようです。
              一ヶ月ほど前の時点では、ULTRA 2とレキサー80倍速は二割程度の価格の開きがありましたので、レキサー80倍速を選んだのですが、現状ではULTRA 2がベストチョイスのようですね。
              | デジカメ | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              レキサー80倍速その後
              0
                滝の真ん前に本堂のある丘があって、距離が取れない松阪市の阪内不動滝で、広角レンズを試しました。
                色々なシーンに合わせてレンズを交換して対応できるのが、デジタル一眼レフの強みですね。
                帰って早速チェックしてみたところ、画像が壊れていて読み込めませんでした。(;_;)
                レキサーのコンパクトフラッシュ(CF)には「メディアレスキュー2」というソフトが入っていて、これで壊れたファイルなどを修復できます。
                早速メディアレスキュー2のイメージリカバリーをーかけて見たのですが、やはり読み込めません。
                ためしにカードテストをやってみると、大体問題の画像ファイルのある辺りでリードエラーがでています。
                どうもCFの一部が破損しているようですね。
                こういう場合HDDだと、再フォーマットをかけると「代替クラスタ処理」というのをしてくれて、また使えるようになったりします。
                それでカードリーダーやデジカメ本体で何度もフォーマットしてみてから、カードテストをしたんですが、結果はやはり同じでした。(^_^;)
                CFを買った「上海問屋」に問い合わせると、「初期不良のようですので交換します」との話。
                「どうもレキサー80倍速での不具合が多いそうですね。できたらサンディスクのウルトラ2に変更してくれると有難いんですが‥‥‥」と言ったところ、「返金・返品後再発注」で対応してくれました。(^^)v
                サポートの方の話では、確かにレキサー80倍速とKiss DNとのトラブルは多いとのこと。
                原因が両者の相性か、レキサー80倍速に不良品が多いせいかは調査中とのことですが、私の場合はレキサー側の問題だったようですね。
                後記:原因はレキサー80倍速CFとKiss DNとの相性問題だったようです。
                現在は解消されているとのことです。
                | デジカメ | 17:40 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                EOS Kiss Digital Nで月の撮影
                0
                  Kiss DNで今夜の月を撮ってみました。

                  月
                  EF135mmF2.8 ISO100 f16 1/20秒

                  例によって等倍切出しです。(望遠鏡等は不使用)
                  月は初めて撮ったんですが、結構普通に撮れてしまいますね。
                  これならわざわざデジタル一眼を持ち出すまでも無いような感じです。
                  PowerShotG2などのマニュアル露出のできるコンパクトデジカメなら簡単に撮れそうですね。
                  今度は月の出ていない晩に、星でも撮ってみることにしましょう。(^^ )
                  | デジカメ | 19:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  雨の屋外を試し撮り
                  0
                    半月以上も待った挙句、EOS Kiss Digital Nが届いてから一週間、最初の休みがやってきました。
                    しかし、外は無情の雨です。(;_;)
                    仕方が無いので、部屋の中から外を撮影してみました。

                    広角
                    EF-S10-22mmF3.5-4.5USM f8.0 1/320秒 iso400

                    これは22mmでの撮影です。
                    普通のデジカメで、ズームを効かせない時と大体同じ状態ですね。

                    望遠
                    EF135mmF2.8 f8.0 1/320秒 iso400

                    レンズを135mm単焦点に付け替えてみました。
                    大体6倍ズーム程度でしょうか。
                    上の写真だと点だった子供の姿が、はっきり分かるようになりますね。

                    望遠等倍

                    二枚目の写真にNeatImageをかけて、等倍切り出ししたものです。
                    | デジカメ | 16:42 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    Canon EF135mm F2.8(ソフトフォーカス機構付き)
                    0
                      3つ目のレンズは、キヤノン純正の135mm単焦点です。
                      EF135mm F2.8
                      これは滝の部分をクローズアップして、高速シャッターで捕らえる時に使おうと思っています。
                      唐谷三の滝
                      これはG2で撮った写真ですが、ISO感度100までしか使いものにならないG2で、高速シャッター写真を撮るのはキツいんですね。(^_^;)
                      この写真のように、ちょうど滝に光が当たっている時でないとまず無理です。
                      Kiss DNでは、シャッター速度が速ければISO感度1600が十分使えますので、この明るいレンズとの組み合わせで、今まであきらめていた暗い滝の高速シャッター写真をバリバリ撮れそうです。(^^ )
                      一番上のレンズの写真はKiss DNを使って、ISO1600で撮ったものですが、あんまりノイズは目立たない感じです。
                      等倍で見ると、こんな感じです。
                      EF135mmF2.8クローズアップ

                      ノイズ除去ソフトNeatImageを使うと、更にノイズが少なくなります。
                      NeatImage処理後
                      | デジカメ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP