三重の滝紀行ブログ

※滝見日記・日々の雑感など
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< KISS DIGITAL Nと組み合わせる広角レンズ(2) | main | 牛頭天王 >>
牛鬼
0
    三重県南部には、牛鬼滝というのがいくつかあります。
    その他、牛鬼伝説の残る地方は、宮川村・南勢町・美杉村などかなりあるようです。
    牛鬼とは、妖怪の一種で、概ね牛と鬼をミックスしたような姿をしています。
    ある地方では頭が牛で体が鬼ですし、またある地方では逆に頭が鬼で体が牛になっています。
    変わったところでは、体が六本足の蜘蛛になっていたり、ムササビになっていたりすることもあります。
    これだけ各地に牛鬼伝説があるということは、何かそのルーツになるものがある筈です。
    調べてみたところ、面白いことが分りました。
    牛鬼伝説のあるところは、西日本沿岸部に集中しているんですね。
    西日本沿岸部には、黒潮とそれが分かれて出来た対馬海流の、二つの海流に取り囲まれています。
    よって、西日本沿岸部には、外界からの漂着物が多いという特徴があります。
    南洋からは椰子の実が流れ着いたりもしますし、中国から不老不死の妙薬を求めてやってきた船団が漂着することも、かつてはあったようです。(徐福渡来伝承)
    どうも牛鬼伝説、椰子の実などと同じく、海から流れ着いたもののようです。
    まだまだ調査途中ですが、この牛鬼についてある程度調べがついたら、またレポートの形にまとめようとおもっています。
    | 雑感・その他 | 18:32 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    こんにちは
    牛鬼伝説、おもしろそうですね。
    期待しています。
    そうそう、e−デモの話ですけど、トップから「私のe−デモログイン」すると、私たちはエディターなので「エディター会議室」へ行けるようになっています。
    そこも、たまにROMお願いいたします。(もうすでに、されていますか? それなら、失礼いたしました。)
    いつも、すばらしい滝画像をありがとうございます。楽しませていただいております。
    ではでは。
    | スコール | 2005/07/18 12:39 PM |
    エディター会議室、読んだんですけど、かなり書き込みの低下が問題になってますね。
    「書き込みが少ないから、県職員の方に自作自演をしてもらったらどうでしょう?」なんて、冗談みたいな意見も、真剣に話されてるみたいです。
    そこまで書き込みが落ち込んでいるんでしょうか!?(^_^;)
    エディターになるそうそうe−デモが閉鎖では、なんとなく寝覚めが悪いですね。
    | サッチモ・セレナーデ | 2005/07/18 6:12 PM |
    >そこまで書き込みが落ち込んでいるんでしょうか!?(^_^;)

    アクセス解析を見てみると、今年に入って、どんどんアクセス数とか減ってきていましたね。
    5月まで減っていました。6月、7月が上向きになっているのは、はやり私達の会議室オープンの影響でしょうね。ということは、私たちが会議室をオープンしなかったら、自然消滅も??(^_^;)・・・(ブルブルブル・・・。。(^_^;))
    今後、この調子でアクセス数が増えてくれるといいですね〜。
    | スコール | 2005/07/18 10:00 PM |
    アクセス数の増加、「南部なんでも談話室」の検討が原因だったら嬉しいですね。(^^ )
    ・・・少なくとも、閉鎖がうちのせいだったとは、言われなくてすみますし。(^_^;)
    | サッチモ・セレナーデ | 2005/07/21 9:04 PM |
    | | 2005/10/20 9:25 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mienotaki.raindrop.jp/trackback/143722
    トラックバック