三重の滝紀行ブログ

※滝見日記・日々の雑感など
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< Windows XP | main | 雨の屋外を試し撮り >>
Canon EF135mm F2.8(ソフトフォーカス機構付き)
0
    3つ目のレンズは、キヤノン純正の135mm単焦点です。
    EF135mm F2.8
    これは滝の部分をクローズアップして、高速シャッターで捕らえる時に使おうと思っています。
    唐谷三の滝
    これはG2で撮った写真ですが、ISO感度100までしか使いものにならないG2で、高速シャッター写真を撮るのはキツいんですね。(^_^;)
    この写真のように、ちょうど滝に光が当たっている時でないとまず無理です。
    Kiss DNでは、シャッター速度が速ければISO感度1600が十分使えますので、この明るいレンズとの組み合わせで、今まであきらめていた暗い滝の高速シャッター写真をバリバリ撮れそうです。(^^ )
    一番上のレンズの写真はKiss DNを使って、ISO1600で撮ったものですが、あんまりノイズは目立たない感じです。
    等倍で見ると、こんな感じです。
    EF135mmF2.8クローズアップ

    ノイズ除去ソフトNeatImageを使うと、更にノイズが少なくなります。
    NeatImage処理後
    | デジカメ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mienotaki.raindrop.jp/trackback/168058
    トラックバック
    本格的に始めたい人の為の入門機(2)キヤノンEOSkiss7+EF28mmF2.8
     本格的に写真を始めたい人は安物でも良いからキヤノンにするべきだ。「業界標準」のEOS-1Vにステップアップしていく時にもレンズ資産がそのまま使えるからである。この辺、詳しくは昨日の記事に書いたのでそちらを見直してほしい。昨日は最廉価現行機種のEOSkissLite
    | ギンエンジン | 2005/04/30 1:01 AM |