三重の滝紀行ブログ

※滝見日記・日々の雑感など
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< EOS KISS DIGITAL NとROWAの格安バッテリー | main | 松阪市 飯高 田引 小田地区 大鯛滝 >>
松阪市飯高 男滝・女滝
0
    今日は飯高波瀬地区のアトノ滝・男滝・女滝の三滝を見てきました。
    アトノ滝は岩間滝ですね。
    男滝は落差は結構あるのですが、ほとんど涸れ滝になっているのが残念でした。
    女滝はなかなか見事でしたね。
    落差もまあまあ、水量豊富で、美しい滝です。
    滝リストへの追加は例によって明日以降行います。
    写真は帰りに立ち寄った、飯高赤桶地区の水屋神社にある、大楠です。
    幹の周りは29mもあるそうです。
    大クスノキ
    | 滝見日記 | 20:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    伝承鳩さん、毎度ありがとうございます。
    私が滝の情報などで非常に恩のある滝仲間の方々も、伝承鳩さんやSTワゴンさん、大家さん(先日は長電話どうもでした)からの情報をかなり当てにしているようです。
    今後ともよろしくお願いします。

    >アトノ滝はさすがに私の記録には探してもありません。

    滝の少し下流に堰堤がありました。
    「もしかしたら、堰堤工事の人たちが『堰堤の後の滝』と言っていたのが、名前の由来だろうか。」
    などと考えておりました。

    >この太良木地域だと残りの滝は泰運寺付近の不動滝しかなく

    この滝は先日も泰運寺のご住職にお話を伺ったのですが、どうも祠が台風で流されてしまっている上、周辺には無名滝が多く、捜索は非常に困難であるようです。(^_^;)

    >舟戸地域には舟戸川上流に内住所有林内にウチズミ滝という二つの滝があります。

    情報ありがとうございます。(..)φメモメモ
    いつも、助かります。

    >田引地域の大鯛滝はもうご存知でしょうか。これも素晴らしい小滝です。

    大鯛滝、今度の休みに雨が降らなければ、見に行く予定です。
    年末にSTワゴンさんが書いてくれた詳細な地図がありますので、急な用事でもできない限り、来週中には写真をお見せすることができるでしょう。
    | サッチモ・セレナーデ | 2005/05/13 7:09 PM |
    木梶十六滝名

    .曠鵐瀬縫梁譟碧榁滝)
    ▲璽┘離瀬縫梁譟糞止の滝)
    オトノ滝(ナリ滝、鳴滝)
    ざ綟竜滝(クガシノサマノ滝、権化さんの滝、キワラの不 動滝、木原二滝)
    ゥワラの滝(木原の滝、木梶大滝、木原大滝)
    Εぅ錺献蹈梁譟頁鯊譟▲ワラの白滝)
    Д轡鵐戰ダニノ滝(シンベガ滝、細白糸滝)
    ┰滝
    木梶不動滝(不動滝)
    ハツノヤノ滝(ハツナヤの滝)
    大滝(化粧滝、白雲滝、幻の滝?)
    魚止滝 シンベガ谷
    小滝  シンベガ谷
    アシダニノ滝(芦谷の滝、芦谷の下滝)
    カミアシダニノ小滝(芦谷の上滝)
    庵飜鄲

    アトノ滝が太良木の特有な風習がある地域なら「雨乞い」信仰の祭りが行われていたようです。「址の滝」でしたら価値が高まるのですが。堰堤工事の方が命名されたのなら、笑っていいのか迷います。昔はなだらかな小滝が豊富だったようですが土砂が一変してしまったらしい。しかしそれで盗石が盛んになったそうです。困ったものですね。今は林道にも盗石ガードが施してあります。泰運寺の不動滝は暇ができたら探すつもりです。これこれの理由でとある叔母様と約束してしまったので。この不動滝を知る方を遥々別の地域でお会いすることになりました。これも何かのご縁ですね。これは昨日の出来事だったのでかなり不気味で不自然なことになっています。大鯛滝と大鯛ヶ滝とも呼ばれます。ここは一部川に浸かって見にいきました。記憶が正しければ滝までの道のりは少し滝手間で崩れています。あの流域はまだ歴史や滝がまだありそうなので情報待ちです。蓮も滝の情報があります。詳しい方をご紹介しますので、そのときはメールでお知らせを。私にとって数日のゴールデンウィーク連休なので三日間徹夜で滝の情報をまとめていましたが、あるものが何処か得へいってないなど、それの補てんに時間を費やしてしまったようです。八割は歴史ですがもう朝の4時ですから木梶の滝名は調べるのも探すのもかなり苦労しました。










    | 伝承鳩 | 2005/05/14 4:08 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mienotaki.raindrop.jp/trackback/192645
    トラックバック