三重の滝紀行ブログ

※滝見日記・日々の雑感など
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< アングルファインダーC 使用感 | main | 鈴鹿の山と谷 >>
アーリー・タイムス
0
    私が最初に飲んだ酒は、ウイスキーなんですね。
    コーラに混ぜて飲んでたんですが、最初のうちは不味すぎて、コップ一杯を飲み干すのに苦労したのを覚えています。
    あの頃は、一本千五百円くらいのサントリー・ホワイトが定番で、二千円ほどだったが高級酒、舶来ものなんてとてもとても‥‥‥といいう感じでしたね。
    一回だけ、一本四千円もするという、アーリータイムス(Early Times)という名のアメリカのバーボンを飲ませてもらったことがありますが、その香りの良さ・美味しさ・酔い心地の良さに陶然となった記憶があります。
    その後ウイスキーより飲み安い缶チューハイにくら替えし、発泡酒に切り替えたのですが、ここで通風にかかってしまいました。(^_^;)
    ビールや発泡酒は通風に一番悪い酒だそうですね。
    しばらく完全禁酒を続けてきましたが、年末年始の殺人的な忙しさから開放されたある日、ふと「ウイスキーならどうだろう?」と思いました。
    一般的にウイスキーのような蒸留酒はビールのような醸造酒に比べ、通風になる危険性は低いとされています。
    例によって楽天で最安値を調べてみたのですが、余りの安さにキョトンとしてしまいました。(・・;)
    ホワイトが780円、が1,100円と、当時の約半分の値段になっているんです。
    外圧でウイスキーの税率を下げたとか、円高とか、酒のディスカウントが進んだとか、色々な理由があるようですが、とにかくウイスキーというのは、昔からは考えられないほど安くなっているんですね。
    あこがれのアーリー・タイムスは‥‥‥というと、ブラウンイエローも1,029円という信じられない値段でした。
    送料480円を入れたとしても、あのアーリーがホワイト並みの値段に落ちてるんですね。
    早速一本取り寄せ、飲んでみたのですが、あの琥珀色の液体は、私を裏切りませんでした。
    約9ヶ月の禁酒を破って飲んだアーリーは、しみるほど美味しかったです。
    健康上の理由から、これで今年は酒は飲み収めにするつもりですが‥‥‥
    しかし、懐かしい味でしたね。

    アーリータイムス イエロー 700ml 40度
    アーリータイムス イエロー 700ml 40度

    アーリータイムス ブラウン 700ml 40度
    アーリータイムス ブラウン 700ml 40度
    | 雑感・その他 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.mienotaki.raindrop.jp/trackback/434502
    トラックバック